離婚時の年金分割の請求

合意分割(離婚特例適用)・・・・・・・・按分割合に基づく当事者間の合意による年金分割
3号分割(特定離婚特例適用)・・・・・平成20年4月以降の組合員期間に係る国民年金第3号被保険者期間に対する被扶養配偶者からの年金分割
離婚等する当事者に、自動的に「年金額」が分割されるものではなく、婚姻期間中に支払った掛金納付記録(標準報酬総額)を分割請求することにより行われる。

対象者

平成19年4月以後に離婚等した者で、婚姻期間中に当事者双方のどちらか一方が組合員であり将来の年金受給のために請求する者

提出書類

・標準報酬改定請求書(離婚時の年金分割の請求書)
・請求者の基礎年金番号の確認できるもの
・合意している旨が記載されている公正証書等
・その他必要書類

請求方法

Step1 対象者は、和歌山支部に相談する。
(「年金分割のための情報提供通知書」を請求することもできます。)
Step2 和歌山支部は、請求書等を対象者あて送付する。
Step3 対象者は、和歌山支部年金班あて必要書類をそえ、提出する。
Step4 和歌山支部は、審査後、公立学校共済組合本部(東京)に書類を進達する。
Step5 公立学校共済組合本部(東京)は、審査後、当事者双方に「標準報酬改定通知書」を送付する。

請求期限

原則 下記(1)~(3)に掲げた日の翌日から起算して2年以内に請求する者
(1) 離婚が成立した日
(2) 婚姻が取り消された日
(3) 事実婚関係が解消したと認められる日
ただし、2年を経過した後に裁判手続により按分割合が定められた場合等については、請求期限の特例があります