年金を請求するとき

年金の種類(退職、障害、遺族)により手続が違います。

退職を事由とする年金を請求する場合

(特別支給の老齢厚生年金支給開始年齢に到達した場合)
特別支給の老齢厚生年金決定請求

(障害認定されている場合)
特別支給の老齢厚生年金決定請求(障害者特例)

(65歳に到達した場合)
老齢厚生年金決定請求(65歳到達時)

(年金決定者が退職する場合)
老齢厚生年金改定請求

(年金受給開始年齢よりも早く年金を受給したい場合)
特別支給の老齢厚生年金の繰上げ請求

障害を事由とする年金を請求する場合

組合員の死亡を理由とする年金を請求する場合

関連事項(制度説明)