交通事故・公務災害にあったとき

交通事故にあった場合

組合員又は被扶養者が交通事故等(第三者の加害行為)により負傷したときは、まず和歌山支部に以下ア~カを連絡します。

ア 事故発生日
イ 被害者氏名・組合員氏名・組合員証番号
ウ 事故の概要
エ 負傷の程度、治療を受けている医療機関名(入院・外来)
オ 加害者の氏名、損害保険の加入の有無(自賠責・任意保険)
カ 組合員証を使用して治療するかどうか

条件によりとる手続

(第三者加害行為であるにも関わらず、組合員証を使用した※場合)
交通事故等(第三者加害行為)報告
※交通事故等の第三者による加害行為で、組合員または被扶養者が負傷した場合の治療費は加害者の負担が原則です。加害者が損害賠償責任を負うことになります。よって、組合員証を使用して治療を受ける必要はありません。

公務災害にあった場合

組合員が公務又は通勤途上において、病気・負傷したときは、地方公務員災害補償法に基づく補償がなされ、共済組合からの給付は行われません。
したがって、公務災害に認定されることが明らかな場合は、組合員証を使用して治療を受けないで、「公務災害であること」を医療機関に申し出るようにしてください。

条件によりとる手続

(やむをえず組合員証を使用して治療を受けた場合)
公務災害報告
公務上であるか、否かの判断が難しく認定に時間を要する等の理由で、やむを得ず組合員証を使用して治療を受けた場合は、必ず、共済組合和歌山支部に報告してください。
なお、公務災害認定後は、至急医療機関に申し出て、組合員証を使用しないでください。